糖尿病の血糖値コントロール。カロリー制限とインスリン投与しかないんだろうか・・・




糖尿病治療の基本となるのは血糖値をコントロールして合併症を防止することだそうです。
でも病院の治療と言ったら厳しいカロリー制限と定期的なインスリン投与が想像されます。

現役医師であり崇高クリニック院長であるる荒木裕先生は自らが考案した食事療法で血糖値をコントロールし、インスリンもカロリー制限もなく合併症の防止に成功しています。


食事療法による血糖値コントロール インスリン、カロリー制限不要の詳細はこちら


崇高クリニック院長:荒木裕プロフィール

1962年 京都大学医学部卒
1967年 京都大学医学部大学院卒
1968年 大阪北野病院勤務
1971年 アメリカハーバード大学付属 小児病院脳神経外科研修医
1973年 アメリカハーバード大学医学部 臨床栄養学部助教授
1976年 アメリカ国立公衆衛生研究所(NIH)客員研究員
1977年 アメリカサウスカロライナ大学 医学部勤務
1983年 崇高クリニック開設

通常、糖尿病患者が行っているカロリー制限による食事法は間違っていると断言されています。

何が間違っているかというと・・・

 血糖値を上昇させる糖質を制限しないとカロリー制限は意味がない。
 逆から解釈すれば糖質を制限すればカロリー制限は必要ないということ。


食べたいだけ食べれるって嬉しいですよね。

さらに糖質コントロールができればインスリンによる治療も不要になり合併症も未然に防げるそうなんです。

アラスカにエスキモーやアフリカのマサイ族はタンパク質中心の食事で糖質を一切摂っていません。
だからこれらの民族には糖尿病はないそうなんです。

荒木裕先生がこれらの基本的考えをまとめた食事法プログラムで多くの方が効果をあげています。


実践体験者のよろこびの声、体験談はこちら



さらにメールサポート等の特典や効果が無かった場合の全額返金保障がついていますから安心ですね。


株取引